2020年9月21日 (月)

レース予想:セントライト記念

◎ガロアクリーク
○サトノフラッグ
▲バビット
△フィリオアレグロ、ヴァルコス、ダノンファスト

 皐月賞3着のガロアクリークがここは強いと見ます。戦績や血統面が距離不安説が出やすい点がキタサンブラックと似通っており、そういう意味でもここは注目。サトノフラッグは戸崎騎手に戻って出直しの一戦。皐月賞とダービーで底力不足を露呈しただけに、夏場にどれだけ上積みがあったかを見極めたいところです。3番手はラジオNIKKEI賞を圧勝したバビット。今回も先手を取るのは間違いなさそうなので、先行有利の馬場状態を味方にできれば重賞連勝も。以下、青葉賞上位組のフィリオアレグロ、ヴァルコスに久々の芝となるダノンファストが押さえ。ダノンファストはダートで結果を出していますが、芝も十分走れると見ます。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

レース予想:ローズS

◎クラヴァシュドール
○リアアメリア
▲フアナ
△デゼル、アブレイズ、リリーピュアハート

 人気上位4頭は僅差。今回はクラヴァシュドールの巻き返しに期待です。オークスは距離が長すぎたという見立て。1800mなら安定感は一番でしょう。リアアメリアはオークスでようやく力を発揮できた印象。リズムが戻っていれば勝ち負けの存在です。フアナはオークスを回避して前走は自己条件。大幅馬体重増ながら勝ってここに駒を進めており、他の有力馬より1回使われている分有利なのは間違いありません。世代トップレベルと未対戦ということで3番手評価ですが侮れません。スイートピーSで強烈な決め手を見せたデゼルは新馬戦以来の武豊騎手とのコンビ。末脚は間違いないだけに展開次第です。以下、実績馬の中で先手を取るであろうアブレイズと流れに乗れれば面白いリリーピュアハートが押さえです。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

レース予想:セントウルS、京成杯AH

セントウルS

◎ダノンスマッシュ
○クリノガウディー
▲ビアンフェ
△セイウンコウセイ、ミスターメロディ、シヴァージ

 今年のセントウルSは中京開催なので、過去の高松宮記念の実績も考慮に入れた予想になります。とはいえ中心は前哨戦の最強馬ダノンスマッシュです。この馬のG1前哨戦での強さは尋常ではないので本命は外せません。相手は今年の高松宮記念1位入線クリノガウディー。前走の大敗が多少気になりますが、この馬は元々ムラが非常に激しい馬なので、今回あっさり勝ってもおかしくないところ。賞金的にここを落とすとスプリンターズS出走が厳しくなるだけに、勝負がかりと見ての評価です。3番手は3歳馬ビアンフェ。他の有力馬より斤量が軽めで前に行ける点は強み。馬場と展開が味方すると見ます。以下、セイウンコウセイとミスターメロディの高松宮記念覇者2頭に今年の高松宮記念でいい脚で突っ込んできたシヴァージが圏内と見ます。

京成杯AH

◎スマイルカナ
○トロワゼトワル
▲アンドラステ
△ルフトシュトローム、シゲルピンクダイヤ、ラセット

 中山芝マイルのセオリーは大外枠不利ですが、それでも本命はスマイルカナにします。この馬が今年マイル戦で崩れたのは控える競馬を試したチューリップ賞のみ。桜花賞であわやの粘り腰を見せ、前走で古馬相手に完勝、それで52キロなら大外枠を差し引いてもここでは力が上と見ます。トロワゼトワルがいるので2~3番手でもいいと思いますが、とにかくペースを崩さずに競馬ができれば楽しみです。相手は昨年のこのレースを圧勝したトロワゼトワル。この馬こそ逃げてナンボの馬。多少ハイペースでも開幕週の馬場なら残れると見ての2番手評価です。3番手はアンドラステ。オープン昇格後の重賞2戦は見どころ十分で、流れに乗れれば十分チャンスはありそう。前売り1番人気のルフトシュトロームは最内枠からの捌きがカギ。土曜日の紫苑Sを見てもある程度前目のポジションは欲しいだけに、石橋脩騎手の判断が結果を左右しそうです。以下、掴みどころがないので押さえですが力上位のシゲルピンクダイヤと末脚はメンバー中上位のラセットが押さえです。

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

レース予想:紫苑S

◎ウインマイティー
○シーズンズギフト
▲マジックキャッスル
△ホウオウピースフル、マルターズディオサ、スカイグルーヴ

 オークス上位馬に良血馬が集まり上位拮抗の一戦。オークス3着のウインマイティーが中心です。オークスでは高速の上がりに対応してあわやの3着。この週末は天候悪化も予想されるだけに、時計勝負と重馬場の両方に対応できるこの馬を軸にします。相手はシーズンズギフト。春はまだ成長途上という印象で、ここでどれだけ成長しているか見たいところです。3番手にオークス5着シーズンズギフト。馬場が極端に悪くならなければ差はないと見ます。以下、掴みどころがないが力はあるホウオウピースフル、実績上位のマルターズディオサ、良血馬スカイグルーヴが押さえです。他にも3着ならありそうな馬は複数いるので、直前の馬場状態も考慮しながらレースを見たいところです。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

レース予想:新潟記念、小倉2歳S

新潟記念

◎プラヴァス
○ワーケア
▲ジナンボー
△カデナ、ピースワンパラディ、サトノガーネット

 ここはプラヴァスが有力。新潟コースも経験済みでメンバー的にも初重賞制覇のチャンスでしょう。3歳馬ワーケアが2番手。ダービーでは本来の力を発揮できなかった印象で、一息入れてここから巻き返しを図りたいところ。昨年2着のジナンボーが3番手。今回は前目に付けられるかどうかです。以下、末脚の力は上位のカデナ、良馬場で見直したいピースワンパラディ、復調気配のサトノガーネットが押さえです。

小倉2歳S

◎モントライゼ
○セレッソフレイム
▲メイケイエール
△フォドラ、フリード、アールラプチャー

 台風接近で馬場が渋っており、時計勝負にはならなそう。1番人気ですがモントライゼが一枚上と見ます。相手も重馬場経験済みのセレッソフレイム。メイケイエールは位置取りがポイント。先手争いが激しくなりそうなので、武豊騎手のペース判断が重要になります。以下、重賞経験ありのフォドラ、持ちタイム1番のフリード、連闘ながら侮れないアールラプチャーが圏内と見ます。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

レース予想:札幌2歳S

◎ユーバーレーベン
○ピンクカメハメハ
▲ソダシ
△バスラットレオン、ウイングリュック、ウインルーア

 昨年のこのレースでワンツーを決めたゴールドシップ産駒が今年は5頭出走。その中でユーバーレーベンが有力と見ます。新馬戦は府中でしたが荒れ馬場を経験済みで札幌の馬場も問題ないという見立てです。相手は新種牡馬リオンディーズ産駒ピンクカメハメハ。スイープトウショウの弟という血統だけにレース前の気配に要注意ですが、能力は非凡なものがありそうです。3番手は白毛馬ソダシ。この家系で能力は一番高かったブチコ産駒なのでこの馬にも注目。新馬戦で上がり33.6を記録したバスラットレオンはその決め手が生きる馬場かがカギ。札幌の最終週だけに、切れ味重視の馬は過信禁物と見てこの評価です。以下、叩き2戦目で変わり身を見せたウイングリュックとウインルーアが押さえ。このレースは面白そうな馬が何頭かいるので、来年のクラシックに向けて注目したいと思います。

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

レース予想:キーンランドC、新潟2歳S

キーンランドC

◎ダイアトニック
○ライトオンキュー
▲フィアーノロマーノ
△ダイメイフジ、ビリーバー、ヤマカツマーメイド

 このレースは序列が明確と見ます。ダイアトニックは前走と同様の競馬ができれば確勝でしょう。ライトオンキューは叩き3戦目で函館スプリントSからどれほど差を詰められるか。フィアーノロマーノも叩き2戦目。こちらも前走よりダイアトニックとの差を詰めたいところです。他ではムラはあるものの力上位のダイメイフジ、どのような相手でも崩れないビリーバー、51キロの3歳牝馬ヤマカツマーメイドが押さえです。

新潟2歳S

◎フラーズダルム
○ブルーシンフォニー
▲シュヴァリエローズ
△ブルーバード、ショックアクション、ハヴァス

 力関係が何とも言えないので、東京か阪神の新馬戦を勝っている馬を上位評価にします。新馬戦の勝ち方が強かったフラーズダルムが中心。ブルーシンフォニーは稍重でも上がりタイムは悪くなく、良馬場ならパフォーマンスが更に上がる可能性も。シュヴァリエローズは人気2頭より持ちタイムはいいものの、馬場状態が影響しているため過信は禁物と見て3番手。ダリア賞を勝っているブルーバードは距離延長がポイント。以下、叩き2戦目でパフォーマンスを上げたショックアクション、新潟デビュー組では上位と見るハヴァスが候補と見ます。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

レース予想:札幌記念、北九州記念

札幌記念

◎ラッキーライラック
○ノームコア
▲トーセンスーリヤ
△ブラックホール、ポンデザール、アドマイヤジャスタ

 良馬場ならラッキーライラックが一枚上でしょう。宝塚記念は馬場適性の差が出てしまった印象で、この馬のキレを生かせる馬場なら巻き返せると見ます。ノームコアは叩かれて徐々に復調。久々の2000mですが、距離延長に不安がある馬ではないので、展開次第では逆転も狙えるでしょう。3番手は先行馬からトーセンスーリヤ。こちらも宝塚記念は力負けではないと見ます。トーラスジェミニを行かせて2番手からの早め抜け出しで一発狙いたいところ。3歳馬ブラックホールは昨年の札幌2歳Sの覇者。良馬場でも走れる馬だけに、流れが向けば不気味な存在なのは確か。他では北海道シリーズでは走りが違うポンデザールと函館記念が鮮やかだったアドマイヤジャスタが押さえです。

北九州記念

◎タイセイアベニール
○ダイメイプリンセス
▲モズスーパーフレア
△ジョーカナチャン、レッドアンシェル、トゥラヴェスーラ

 オッズが示す通り難しいです。直近の安定感でタイセイアベニールを軸にしましたが、3着以内の最有力という見立てです。昨年の覇者ダイメイプリンセスは前走も僅差でしたので、流れが向けば連覇も十分。実績最上位のモズスーパーフレアは自分のペースで競馬ができるか。昨年のこのレースも最後の踏ん張りがきかなかったので、同型馬との兼ね合い次第です。その意味でカギを握るのがアイビスサマーダッシュを勝ったジョーカナチャン。大外枠に入ったので無理に逃げなくてもどうにかなると見て4番手。他では力はあるが信頼性は低いレッドアンシェルと立ち回り方次第のトゥラヴェスーラが連下候補です。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

レース予想:小倉記念、関屋記念

小倉記念

◎ランブリングアレー
○サトノルークス
▲ノーブルマーズ
△サマーセント、レイホーロマンス、ミスディレクション

 メンバーは全体的に低調。今の馬場状態ではある程度前に行ける馬が有利と見てランブリングアレーから入ります。実績上位のサトノルークスはある程度ペースが流れてほしいところ。ノーブルマーズは良馬場で見直し。競馬自体は前走と同じ戦法で良いと思います。マーメイドSを勝ったサマーセントも逃げずに前目の競馬ができる点が今回は有利。以下、ハイペースになった場合に浮上しそうなレイホーロマンス、逆に前残りならミスディレクションを挙げます。

関屋記念

◎アンドラステ
○グルーヴィット
▲クリノガウディー
△プリモシーン、エントシャイデン、サトノアーサー

 こちらも混戦。1番人気のアンドラステはエプソムCで重賞でも通用するところを見せ、今回は良馬場で前進可能という見立てです。2~4番手の馬は力はあるもののムラが大きい馬たち。グルーヴィットは夏の向けて調子を上げてきた印象で今回はチャンス。クリノガウディーは前走全く競馬をしておらず、消耗が少ないのでハマれば頭まで。1昨年の覇者プリモシーンは今年重賞を勝っているものの信頼性はイマイチ。こちらもハマれば勝ち負けという評価です。以下、ここ数戦安定しているエントシャイデン、良馬場で見直しのサトノアーサーが押さえです。

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

レース予想:レパードS、エルムS

レパードS

◎デュードヴァン
○ラインベック
▲ミヤジコクオウ
△ライトウォーリア、ブランクチェック、ケンシンコウ

 ユニコーンSで強烈な決め手を見せたデュードヴァンが一歩リード。今回こそ重賞勝ちを決めたいところです。相手は初ダートの前走を快勝した良血馬ラインベック。相手は強化されますが、前走の内容なら十分通用しそうです。3番手のミヤジコクオウは中央の軽いダートで見直し。以下、古馬相手に2勝クラスを勝っているライトウォーリア、ブランクチェックにユニコーンS3着のケンシンコウが押さえ評価です。

エルムS

◎タイムフライヤー
○エアスピネル
▲ウェスタールンド
△アナザートゥルース、ハイランドピーク、アルクトス

 なかなかのメンバーが集まりましたが、注目は芝から転向の2頭。タイムフライヤーは昨年のエルムSからダート転向し、徐々に対応して前走は圧勝。今回も揉まれにくい外枠に入ったことでレースはしやすいと見ます。相手はダート2戦目のエアスピネル。前走のプロキオンSは1年ぶりのレースで初ダートだったこともあり様子見の評価でしたが、適性十分のレースは見せました。今回は鞍上が武豊騎手に戻り、より期待して見たいと思います。3番手のウェスタールンドはダート実績ではメンバー最上位。このメンバーなら崩れないと見ます。アナザートゥルースは距離が少しベストより短いと見て4番手。他では昨年2着のハイランドピーク、少々人気の盲点になっているアルクトスを挙げておきます。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

レース予想:クイーンS

◎フェアリーポルカ
○スカーレットカラー
▲ビーチサンバ
△リープフラウミルヒ、サムシングジャスト、シャドウディーヴァ

 先行馬が多く前崩れの流れを想定した予想です。重賞連勝中のフェアリーポルカはタイプの違う馬場を差して勝っており、今回は展開も向きそうということで1番手。スカーレットカラーはムラが大きいですが、この馬は中途半端に差すより追い込みに徹した方が成績が良いので、今回はそのような位置取りをしてくれることを期待。ビーチサンバは中団からのレースと予想。この相手なら大崩れはしないと見ての3番手。リープフラウミルヒは前走が案外でしたが、流れに乗れればチャンスはあるでしょう。以下、力を付けてきたサムシングジャストと展開的に一発がありそうなシャドウディーヴァが押さえ。コントラチェックやナルハヤは展開が厳しくなると見て今回は無印です。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

レース予想:アイビスサマーダッシュ

◎ライオンボス
○ジョーカナチャン
▲ダイメイプリンセス
△アユツリオヤジ、ゴールドクイーン、ラブカンプー

 このレースは実績馬重視がセオリー。昨年の覇者でこの条件に滅法強いライオンボスが中心になるのは仕方ありません。新潟直線1000mでは全く崩れておらず、軸馬としての信頼性は抜群です。相手は前走でライオンボスに食い下がったジョーカナチャン。先手争いをかいくぐって外に出せるかがカギになりそうです。1昨年の覇者ダイメイプリンセスが3番手。この条件ではまだ衰えておらず逆転の可能性は十分。4番手は未知数の馬からアユツリオヤジ。初芝の前走を圧勝で不気味な存在に浮上してきました。1000mという距離自体は過去に何度も経験しており、適性があれば頭まであってもおかしくないと見ます。他では実力馬の中で一番外に出しやすそうなゴールドクイーンとCBC賞で復活勝利のラブカンプーが押さえ。ラブカンプーも1昨年の2着馬だけに、馬にリズムが戻っていれば重賞連勝もありそうです。

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

レース予想:函館記念、中京記念

函館記念

◎トーラスジェミニ
○ベストアプローチ
▲バイオスパーク
△レイエンダ、カウディーリョ、レッドサイオン

 単騎逃げ濃厚のトーラスジェミニが巴賞に続く連勝と見ます。前々走のエプソムCでもしぶとい競馬を見せており、今回は大きなチャンスでしょう。2番手は2年ぶりのレースを叩かれたベストアプローチ。前走は長期休養明けということで馬体重増に加えて道中の位置取りもよくありませんでした。それでもメンバー最速の上がりは出しており、叩かれた今回は上積みが見込めます。3番手は内枠で前に行きそうなバイオスパーク。この馬は函館コースを十分に経験しており、展開とコース実績で浮上の存在です。人気の一角レイエンダは当てにならないので押さえまで。力を出せればこのメンバーでは力上位ですが。他では前走でOPでも対応したカウディーリョ、巴賞で1番人気だったレッドサイオンが押さえ。ちなみにレッドサイオンは馬体重が絞れているのが条件。太目のままならプレシャスブルーと差し替えです。

中京記念

◎ギルデッドミラー
○ソーグリッタリング
▲ケイアイノーテック
△ベステンダンク、トロワゼトワル、プリンスリターン

 3歳牝馬ギルデッドミラーの安定感に期待します。古馬初挑戦ですが、3歳世代のトップクラスと戦い続けて崩れていないので、古馬相手でもこのメンバーで51キロならチャンスと見ます。相手はこちらもレースぶりが安定しているソーグリッタリング。どのような条件でも確実に上位に来る馬なので、トップハンデですが外せません。3番手は復調気配のケイアイノーテック。ここ数戦の内容ならそろそろ勝ってもいい頃です。△評価のうち、ベステンダンクとトロワゼトワルはどちらかが残るという見立て。両馬とも自分の競馬をさせると相当しぶといので無視できません。他では52キロの3歳馬プリンスリターンが押さえです。印が回らなかったところでは、ラセットとミッキーブリランテは展開次第で突っ込んでくる可能性がありそうです。

| | コメント (0)

レース予想:函館2歳S(印のみ)

◎モンファボリ
○カイザーノヴァ
▲ホーキーポーキー
△ラヴケリー、ルーチェドーロ、フォドラ

 ここはモンファボリのレースぶりに注目。モーリス産駒カイザーノヴァもよく見たいところです。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

レース予想:七夕賞、プロキオンS

七夕賞

◎クレッシェンドラヴ
○マイネルサーパス
▲ヒンドゥタイムス
△ウインイクシード、ジナンボー、ノーブルマーズ

 昨年2着の福島巧者クレッシェンドラヴから。半年ぶりですが、実績のある福島に照準を合わせてきたと見ます。春の福島民報杯を制しているマイネルサーパスが2番手。重馬場がある点も今回は有利でしょう。上り調子のヒンドゥタイムスはまだ底を見せておらず、重賞でどこまでやれるか注目のレース。以下、こちらも福島実績十分のウインイクシード、重賞で戦えるようになってきたジナンボー、ここでは実績上位のノーブルマーズが押さえです。

プロキオンS

◎サクセスエナジー
○レッドルゼル
▲ラプタス
△スマートダンディー、スマートアヴァロン、サンライズノヴァ

 今年は10年ぶりに阪神開催となるので、予想も阪神実績重視となります。連勝中のサクセスエナジーは前目で逃げずに競馬ができるのが強み。重馬場実績もあり今回はチャンスと見ます。3月のコーラルSでサクセスエナジーに勝っているレッドルゼルはこれが重賞初挑戦。様子見を兼ねて2番手ですが、上位にくる力は十分ありそうです。交流重賞連勝中のラプタスは同型との兼ね合いがカギ。中央の重賞も初出走となるので少し控えめに見ての3番手です。その次の評価は阪神実績十分のスマート2頭。スマートダンディーは阪神D1400mのオープンを強い勝ち方で連勝しており、この条件なら突き抜ける可能性もあります。スマートアヴァロンは追い込みが決まる流れになれば不気味です。他では実績最上位のサンライズノヴァが押さえ。59キロですが実力を考えると無印は危険。ここが初ダート戦となるエアスピネルは静観が妥当。大外枠のヤマニンアンプリメは中央で得意の捲りを決められるか微妙と見ます。

| | コメント (0)

«レース予想:ラジオNIKKEI賞、CBC賞